>環境・品質 >採用情報 >個人情報保護規定 
home 会社案内 鍛造部門 機械加工部門 製品紹介
日本鍛工-identity

年 譜 (1924年〜1946年)

    日本鍛工の出来事 世の中の出来事
1924年(大正13年)
11月
恩加島鉄工所創業(柴柳新二の個人経営)
久保田鉄工所時代の柴柳新二
久保田鉄工所時代の柴柳新二
・阪神甲子園球場完成
・パリオリンピック開催
1927年(昭和2年)
鉄道省指定工場となる ・大正天皇大喪
1928年(昭和3年)
2月
日本窒素から10万本の電極ピンを落札 ・大相撲ラジオ実況放送開始   
・昭和天皇の即位の礼挙行   
・アムステルダムオリンピック開催
1929年(昭和4年)
5月
南恩加島町に1000坪の新工場建設  
1930年(昭和5年)
HAPPY印作業工具の製造開始 ・第1回FIFAワールドカップ開催
1931年(昭和6年)
恐慌で経営悪化、苦境に喘ぐ
・米国で「星条旗」が国歌に採用
1932年(昭和7年)
この頃より三菱自動車工業と取引開始 ・桜田門事件 
・ロサンゼルスオリンピック開催
1934年(昭和9年)
4月

8月
恩加島鉄工所を資本金200万円で法人に改組。
柴柳新二、社長に就任
柴柳社長、欧米鍛造業界を視察
創業時の恩加島鉄工所全景
創業時の恩加島鉄工所全景
 
1935年(昭和10年)
4月
神崎工場竣工、本社を移転
欧米より最新設備導入
 
1936年(昭和11年)
8月
東京出張所開設
この頃よりマツダとの取引開始
・二・二六事件勃発
・ベルリンオリンピック開催
1937年(昭和12年)
8月

9月
日本鍛工株式会社設立、柴柳新二社長就任。
本社・東京、資本金500万円
恩加島鉄工所を合併し資本金700万円
・日中戦争勃発
1938年(昭和13年)
5月9月
自動車産業確立のため川崎工場竣工
日満鍛工株式会社設立(資本金500万円)
 
1939年(昭和14年)
7月
陸海軍の共同管理工場に指定される ・第二次世界大戦勃発
1940年(昭和15年)
川崎工場、軍需産業に順次切り替え  
1941年(昭和16年)
8月
尼崎工場(現本社工場)竣工、
神崎・恩加島工場を移転
当時の日本鍛工尼崎工場
当時の日本鍛工尼崎工場
・日本軍の真珠湾攻撃により太平洋戦争勃発
1942年(昭和17年)
1月
日本鍛圧機械株式会社設立 ・ミッドウェー海戦
1943年(昭和18年)
12月
資本金を3000万円に増資  
1944年(昭和19年)
4月
軍需会社に指定される  
1945年(昭和20年)
4月

4月
8月
9月
12月
山口疎開工場の建設に着手
この春、秦野工場本格稼働
日本鍛造工業専門学校開校
終戦により生産停止
日本鍛工解散式(社員5000人)
川崎・秦野工場が賠償指定を受ける
・ポツダム宣言受諾、終戦
1946年(昭和21年)
5月
尼崎工場再開 ・日本国憲法施行(1947年)
copyright(C)2006 JAPAN DROP FORGE CO.,LTD. All Right Reserved.